2019年1月31日(木)の放送内容です。

好きなジャパニーズ健康食は?

焼き鳥
抹茶
豆腐
天ぷら
マグロ
かまぼこ....と冒頭の外国人へのインタビューでは色々出ていました。

マーティ・フリードマンさん「気づいたのは、日本では美味しいものも健康的にいい。
海外ではおいしいか健康的のどっちか!」

やっぱり差があるんですね(´-ω-`)
それはランキング見ていきましょ〜



10位 枝豆


ビールのおつまみのイメージですが
人気の理由は...
ビヨンセを始め海外のセレブが健康のために枝豆を食べているからだそうです!

海外ネット検索で和食部門2位を取るほど人気なんだそうな。

枝豆の健康ポイント

大豆緑黄色野菜の長所を持っていて

良質なタンパク質、ビタミンB群、ビタミンCが一緒に取れる数少ない野菜です。

枝豆はそもそも未成熟な大豆ですが...

タンパク質は大豆と同程度。
ビタミンCは大豆が0.1mg未満に対し枝豆が15mgと圧倒的に多いです。

枝豆は茹でてしまうと水溶性のビタミンが5割も減ってしまいます。

そこで栄養を無駄にしないためには
蒸し焼きにすることで水溶性のビタミン、ミネラルの流出を抑えられる!

〜蒸し焼き枝豆の作り方〜
  1. 枝豆を洗い適量の塩で揉み込む
  2. フライパンに入れ蓋をして弱火で5分
  3. さらに栄養を摂りたい方は出来上がり直前に酢を加えることで食欲が増します。
水は入れないでおっけーです!

栄養が取れるだけでなく、味が凝縮して美味しくなるそうなので是非やってみてください!



枝豆は骨にもいい!
骨を作るには、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボン、ビタミンK。
これが全部枝豆には含まれています。

そして骨の体積の半分はタンパク質。
高タンパクな枝豆が骨の形成に最適なんです。


枝豆の解説に出ていた肩が書いたこちらの本は30万部を超える大ヒットしています。



あと美味しそうな枝豆置いておきます。


亀田製菓 通のえだ豆 70g×12袋

9位 お好み焼き

高カロリーと思われるお好み焼きの糖質を抑える方法!

小麦粉をヤマイモに変えることで同じ量をいれても糖質が1/3

おからに変えれば糖質があまりなく
食物繊維が豊富。タンパク質もさらに増える!

テフ粉と言われるエチオピアで使われている粉にイースト菌を入れ、発酵させると...
低糖質でポリフェノール、マグネシウム、亜鉛が豊富な生地にすることができます。





8位 おでん

おでんのタネは低カロリータンパク質・食物繊維・カルシウムなどバランスよく栄養がとれることから

最近ではギルトフリー(罪悪感なく食べられる)とも言われてるそう。

おでんの具はコンビでとることで栄養の吸収率がアップ!

カルシウム吸収率最強タッグ!
→つみれ+しらたき(こんにゃく)
つみれは骨ごと入っていて、カルシウムを含んでいて
なおかつカルシウムの吸収を助けるビタミンDも入っている超お得おでん種。

そしてしらたきやこんにゃくはカルシウムが豊富

カルシウムを摂るには最適なコンビです!

コラーゲン吸収率最強タッグ!
牛すじ+ジャガイモ
牛すじはタンパク質とコラーゲンをたくさん含んでいます。
コラーゲンは食べても胃の中でバラバラに分解され体の中で必要なものに再合成されます。

そこで分解に必要な栄養素がビタミンCなんです。

ジャガイモのビタミンCは熱しても壊れづらい。
生の状態なら100gあたりみかんと同じだけのビタミンCを含んでいます。

ダブルタンパク質最強タッグ
タマゴ+大豆製品

植物性のタンパク質をたくさん食べている方は心臓血管疾患や脳出血を起こしづらいです。

動物性に偏らず1:1を意識して食べましょう!


おでんの塩分が気になる方はカリウムを含む具材を入れれば完璧に。

豆苗、水菜、ニンジン、ブロッコリーなどちょい足しするとカリウムを多く含んでおり
塩分を体の外へ排出する働きを促進させます。


残り汁には水溶性のビタミンが溶け出しているので
ルーを入れてカレーうどんなどにして食べれば余さず栄養を取れるとおもいます!


7位 鍋

いろんな食材を食べられる、みんなで食べると最高!と人気みたいです。

生もののトッピングを加えるのがポイントのようです。
大根おろし、ネギ、キムチなど。

6位 海藻

海外ではゴミ扱いらしいですw

海藻を日頃から取っていると体がアルカリ化してきて

男性で痛風や高尿酸結晶の方は尿酸が尿から捨てられ予防、改善できます。


5位 ラーメン

基本的な野菜や卵が入っていて人気らしいです。

今では肉なし、塩なしなどのお店もあり
これから健康食として入ってくるとされているそうです。

4位 そば

そばの栄養素で大事なのはルチン。

ポリフェノールの一種で血液に関わっており悪玉コレステロールなどを下げる役割を果たします。

肩こりにもそばはいいとか。

冷たいそばのダイエット効果
茹でてから冷ますことでデンプンが体に消化されにくくなる!

大根おろしでルチンの働きアップ!
大根に含まれるビタミンCがルチンの働きを活性化!
ルチンの抗酸化作用もアップし老化予防にも。

ルチンが沢山取れるそばがき
そば粉と水を火にかけ練って作るものです。

そば粉をそのまま食べているのと一緒なのでルチンが丸ごと取れます!

ルチンを多く摂りたいなら

生そばは3割そば粉が入っていると法的にそばとして認められる。

乾そばは多少そば粉が入っていればそば。

ということは生そばであれば7割小麦粉でもそばなんです。

なのでルチンを多く摂りたいなら原材料を見てそば粉が小麦粉より先に来てるものを選びましょう。

ルチンが100倍!!韃靼そばというものもあるみたいです
普通のスーパーでは取り扱ってることが少ないみたいなので置いておきます!
韃靼そば200g×10袋(北海道紋別郡雄武町特産品)満天きらり使用 ダッタン蕎麦(乾麺 干し蕎麦 日本ソバ)北海道産ゆめちから使用 苦蕎麦 細麺 おうむ町産だったんそば粉使用


もうすぐトップ10 あんこ

あんこは甘くて美味しいだけじゃない!

小豆は食物繊維が豊富なんとゴボウの3倍

冷え性などに効く鉄分はほうれん草の2.7倍

小豆に含まれるポリフェノールは抗酸化活性を高めるためお肌ピチピチも夢じゃない!

砂糖なし!発酵あんこで健康アップ!
麹菌で小豆を発酵させて作るあんこ。
発酵による甘みがある。

米麹にはこんな効果。
オリゴ糖→腸内環境を改善
ビタミンB群→コラーゲン生成など美肌効果。

家庭でできる!発酵あんこの作り方
  1. 小豆100g、米麹100g
  2. 鍋に小豆と小豆が浸る程度の水を入れる
  3. 沸騰したら弱火で5分
  4. お湯を切ったら小豆の渋抜き完了
  5. 渋抜きした小豆に水300mlを加え弱火で1時間煮込む
  6. 煮込んだ小豆と米麹を炊飯器に入れて混ぜ込む
  7. 保温モードにして8時間寝かせれば発酵あんこの完成!
血糖値の上昇も抑えてくれるので是非お試しを!


3位 納豆
ほとんど近い内容をこちらの納豆の部分で書いてあるのでこちらみてください!

納豆を食べたいけど受け付けなかった人は
→酢納豆
爽やかであたりが良く食べられるらしいです。

アマニ油やエゴマオイルを入れてオメガ3も摂取!
オメガ3納豆

ついつい飲み込みがちな人は砕いたくるみなどを入れて
くるみ納豆

2位 味噌汁

アサリ+岩ノリ+酢!
アサリはタウリン、ビタミンB12、鉄を多く含んでいて
酢を入れることでカルシウムの吸収効率が上がり、岩ノリのマグネシウムも添えて完璧です。

1位 寿司


23時から食べても太らない方法
これらの食べながら脂肪を減らす方法を書いて6000人もの脂肪を減らしてきた伊達さんが解説していました。

糖と脂肪で太ると思われがちな寿司。

食べ続けることで体脂肪が減らせるそうな!

お寿司が大好きな人やいろんなダイエットに挑戦してリバウンドを繰り返ししている人に向いているそうです。

お寿司ダイエット

毎日昼か夜に寿司を12カン食べる!

寿司+味噌汁でDHA/EPAがアップ!

火の通ったネタはDHAやEPAが酸化してしまうためNG。

カロリーは600〜800キロカロリーで抑えられるそうです。
朝食には腸内環境を整えるためリンゴと白湯。

お寿司を食べると体が冷めるため、ワサビを必ずつけることで代謝が上がります。

昼か夜は寿司だがどちらかで12カン食べたら何を食べてもオッケーらしいです。

1週間で2キロも体重が減った記録が番組内では出ていました。