2019年2月26日(火)の放送内容です。

なぜ寿司屋さんの湯呑みは一般的な湯飲みに比べて大きいのか?

江戸時代は小さな湯飲みでお茶を出していたが

おかわりの注文が多いため、手間を省くために大きくしたそうです。

ですが帰り際にその大きな湯のみで手を洗うようになり、暖簾で指を拭いて帰っていたようです。

なので暖簾の汚いお店ほど繁盛しているだったそうな。

しいたけとどんこの差

同じ原木から作られるものだが
傘が7ぶ以上開いたものはしいたけ
傘の開きが7ぶ未満のものはどんこ。

収穫するタイミングですね。

どんこの由来は
明治初期に2種類を混ぜて売られていた時
ドングと呼ばれていたことから変化してドンコになったそうです。

お葬式のしきたりや礼儀作法

①仕事で着る黒いスーツで参列

ふさわしくありません。
一般的なスーツと喪服ではベントの有無で違います。
喪服は無いです。


②革製の黒いバッグで行く

ふさわしくありません。
牛などの革を使っているため、殺生の意味合いがあるため。

布製が好ましいですが、バッグ、くつ、ベルトは合皮であれば良いようです。

③2連の真珠のネックレス

ふさわしくありません。
そもそもアクセサリーは華美なものをつけていきません。

ただし真珠は涙の象徴であっため世界的に好まれています。
2連は不幸が重なることが連想されるため
ふさわしくないです。

④御香典

表書きを御香典がふさわしいです。
その宗派でも対応できるため。

御霊前でも良いようですが、宗派によっては受け付けられないようです。

御仏前は四十九日以降なのでふさわしく無いです。

⑤新札を折って入れる

ふさわしいです。
前もって不幸を予測し準備していることになるので良いようです。

中包に1万円を顔を袋の下の方にし、顔が写っていない裏が表に来るようにして入れます。

近所や友人→3000、5000
上司や先生→1万
親族やお世話になった方→3万、5万

これが目安だそうです。



①御冥福をお祈りします
②左手で数珠を持つ
③お焼香する前に遺族に一礼
④お焼香を2回
⑤天国で安らかにお眠りください


ふさわしく無いです
宗派によって仏教内では死後の世界が異なるため。
お悔やみ申し上げますが宗教に限らず良いとされています。

ふさわしい。
左手がマナーらしいです。

ふさわしく無いです。
故人に弔意を表してお辞儀をして焼香したのち
遺族にするのが好ましいようです。

ふさわしい。
回数に決まりは無いです。

ふさわしく無いです。
仏教に天国という概念(極楽だから)がないため。

安らかにお眠り下さいもふさわしくないそうです
仏様になる修行をするため。

帰る時にも気をつけることがあり
同じ道を通って帰って行ってはいけない。
不幸を繰り返すから。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット