スポンサーリンク

【睡眠時間】睡眠時間が長い人と短い人が居るが、脳が休めていれば短くても良い【疑問】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

睡眠時間の差

毎日たくさん眠らないと疲れが全然取れない人も居れば、ちょっと眠っただけでスッキリ!する人も居るのに驚くかもしれません。

よく言われている睡眠時間は7~8時間だと思いますが、こんなに長く眠っている暇が無い人の方が世の中には多い気がするのです。

特に社会人にもなると仕事が忙しくて、ゆっくり眠っていられるのは週末の休日だけという人も居る事でしょう。

かと思えば、休日も仕事以外の趣味などを満喫するために睡眠時間を削ってやっていると言う人も居たりするので、じっくり7~8時間も寝ている人の方が少ないのかも知れませんね。

しかし、本来その位の時間を眠らないと疲れが取れにくい人が無理して睡眠時間を削っているのだとしたら本末転倒です。

ある日突然、日々の疲れが蓄積し過ぎて倒れてしまう可能性もあるので、休める時にはしっかりと休んで欲しいですね。

中には短眠なタイプの人も

そんな中、睡眠時間が極端に短時間で済む人も居るので驚きです。

普通に4~5時間程度の睡眠だけで、スッキリとした目覚めと疲れも取れた状態になれるそうなのです。

ただ、このタイプの人はある意味特殊で、短時間睡眠でも大丈夫な様に身体を慣らしてきた期間がある人しか出来ない御業だと思うので、長時間の睡眠が必要な人が急に真似して短時間睡眠をするとかえって寝不足状態に陥ってしまうでしょう。

結論

結局、睡眠は脳や身体が休んだ!とか休めた状態になっていれば、短時間睡眠でも全然問題無かったりするので、短時間睡眠でも大丈夫な人に長時間眠る様に強要しない様にして欲しいと思います。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
sabotenkunをフォローする
スポンサーリンク
さぼログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました